福井高専機械工学科 目指す技術者像と目的

機械技術者として必要な基礎学力の育成

 機械工学の根幹をなす材料力学,熱力学,流れ学,工業力学等の力学系基礎科目は,機械技術者にとって不可欠であるため,多くの演習を課して理解を確実にし,さらに伝熱工学,熱機関,流体機械,振動工学等への応用力を育成します.

 (対応する本校の学習・教育目標 → RB)

技術革新,高度情報化社会に対応できる能力の育成

 自動制御,C 言語基礎,システム工学,メカトロニクス,ロボット工学,電気・電子工学等についての教育を実施することにより,理論,演習を通じて高度情報化社会に対応できる能力を育成します.また,材料学,材料科学,機械工作法,機構学,機械設計法の学習では,工作実習,創造工学演習,工学実験と連携を保ち,実践力,洞察力の育成に努め,新素材等の技術革新にも対応した内容も教授します.

 (対応する本校の学習・教育目標 → RB, RC, RE)

創造性,実践的能力等の育成および人間力の育成

 ものづくりの基盤である工作実習及び CAD を含む設計製図等の教育を通じて,実践力の養成に努め,創造工学演習,知能機械演習,C 言語応用,アイデア設計工学,工学実験や卒業研究などをグループ単位で実施することにより,創造性,積極性及び協調性を養います.さらに,社会の期待に応えるために,豊富な実践力を持つ技術者となるための人間力の育成にも努めます.

 (対応する本校の学習・教育目標 → RB, RC, RD, RE)